ゴスペルを歌いませんか?

   
ゴスペルを歌いませんか?
ゴスペルミュージックには、沢山の素晴らしいメッセージが込められております。 
ゴスペルの歌詞の内容を知り、歌うことによって、私たちは、楽しさだけではなく、
心癒され、解放され、励まされ、希望が沸き起こり、喜びが与えられると確信しております。今日は1曲、一緒にゴスペルを歌いたいませんか!
声も心も体もひとつとなって、スペルを歌う喜びを体験しませんか?
明日からの元気と笑顔が与えられるはずです。
 

ゴスペルとは

ゴスペルとは
 
ゴスペルとは、
God Spell(神の言葉)=Good Spell(良い知らせ)が変化した言葉だと言われています。日本語では<福音(=良き知らせ)>と訳されます。
「福音」とは聖書のメッセージそのものを表す言葉です。
その福音のメッセージにメロディーをつけたものをゴスペルミュージックと呼ばれるようになりました。現在は、音楽のジャンルには関係なく、歌詞が聖書のメッセージであれば、それはすべてゴスペルミュージックとなっています。
 
Gospel 
かつて、アフリカの人たちが、アメリカ大陸に移り住んできました。
けれども、それは決して本人たちの意思によるものではありませんでした。アメリカで彼らを待ちうけていたのは、奴隷としての過酷な生活でした。家畜のようにムチ打たれながら、日の出から日暮れまで、厳しい仕事に明け暮れる毎日でした。今のアフロ・アメリカン、アメリカの黒人たちのルーツです。やがて彼らは、キリスト教の信仰に出会います。彼らは自分たちの苦しみを救ってくれる神の存在を感じ始めました。アフリカでうたい継いできた歌のメロディとリズムにのせ、楽譜なしに彼らは神に向かって救いを求める歌を歌い始めました。黒人の教会から彼ら独特の賛美歌<黒人霊歌>が誕生しました。1930~40年代にはカルテット・スタイルの黄金時代を迎え、ジャズ、ソウル、R&B、カントリー、ロックンロールにも大きな影響を与える音楽へと発展していきます。1960年代「公民権運動」の時代に、卑劣な人種差別に抵抗し、各地で大規模なデモ行進が行われました。そこには常に「歌」がありました。現在日本で最もポピュラーな、大人数で、3声(4声)で歌うスタイルをクワイア(聖歌隊)言います。 ゴスペル音楽の1形式であるクワイアスタイルは1960年代に生まれました。
ス​ク​ー​ル​の​場​所​は​こ​ち​ら​!​
Natsuki VOCAL SCHOOL
〒060-0051
北海道札幌市中央区南一条東2丁目
13-4 エメラルドグリーン大通りビル3F
TEL.011-222-2022
FAX.011-241-0567

────────────────
●イベントなどのプロデュース
最高のエンターティメントの
ご提案をはじめ多彩なプログラムを
ご用意。企画からイベント・人材の
手配、管理までトータルなご提案を展開。
●ミュージックスクール
ゴスペルシンガーNatsukiが主宰す
るヴォーカルスクールとして1999
年に開校。音響設備の整ったスタジ
オで実績豊富なプロアーティスト
によるレッスンが受けられます。
────────────────
■厚生労働大臣許可(紹介)01-01-
 ユ-0046
■厚生労働大臣許可(派遣)般01-01
 -0123

135475
<<Natsuki VOCAL SCHOOL>> 〒060-0051 北海道札幌市中央区南一条東2丁目13-4 エメラルドグリーン大通りビル3F TEL:011-222-2022 FAX:011-241-0567